あひるの子

最終更新日


クリックで拡大

あひるの子 (1889)

ジョン・エヴァリット・ミレイ(1829-1896)
油彩/キャンバス
国立西洋美術館

われわれの汚れきった心を見通すような澄んだ眼差し。
この絵の前に立つと自然と身が引き締まるのです。

「そんなこっちゃあかんで」「ぴしっとせいや」と言われている気がするのです。もう誰にも怒ってもらえない年齢になってしまった今、この絵の存在は非常に貴重です。だから半年に一度はこの絵の前に立ちすくんで、たらーりと脂汗を流しているのです。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください