海辺に立つブルターニュの少女たち

最終更新日


クリックで拡大

海辺に立つブルターニュの少女たち(1889)

ポール・ゴーギャン(1848-1903)
油彩/キャンバス
国立西洋美術館

ゴーギャンの絵は、その多くが農村や民族を感じさせる絵で、都市などを題材にした絵は今まで見た記憶がありません。(私が見たことが無いだけで、描いているのかも知れませんが)さらに土着宗教的なアニミズムも感じます。色彩は若干暗めの三原色を用いて、面で塗るように絵を描いています。平面的で単純化された画面は、見る者にどっしりとした存在感とイコンのような神聖さを与えています。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください