最終更新日


クリックで拡大

花(1940年頃)

モーリス・ユトリロ(1883-1955)
油彩/板
大川美術館

ユトリロと言えばパリの陰鬱な街並みの絵が浮かぶのですが、後期はこんな明るい絵も描いてたんですね。あのアンニュイなパリの風景は見ていて胸がキューンと締め付けられるような感じがするのですが、これは見ていてほっとする絵です。人生を肯定している絵ですね。好きです。

 

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください