パリの床屋

最終更新日


クリックで拡大

パリの床屋(1924)

清水登之(1887-1945)
油彩/キャンバス
大川美術館

後期は従軍画家としての戦争画がほとんどだったようで、それが非常に残念です。前期のパリの街を描いた作品は楽しそうでいいですね。なんかお祭りの屋台の楽しさを感じます。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください