青い肩かけの女

最終更新日


クリックで拡大

青い肩かけの女(1902)

パブロ・ピカソ(1881-1973)
油彩/キャンバス
愛知県美術館

有名な「青の時代」の作品です。後期のキュビスム作品だけを見ていると、ピカソは絵が上手いのかどうか疑問に駆られること必死ですが、土台にはやはり絵のうまさがあります。上手すぎてもうやることがなくなってキュビスムに走ってしまったのかも知れませんね。

でもキュビスムの作品にも大好きな作品がいっぱいあります。失敗作だろ、と思う作品もいっぱいありますが、、

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください