静物

最終更新日


クリックで拡大

静物(1926)

里見勝蔵(1895-1981)
油彩/キャンバス
東京国立近代美術館

佐伯祐三と同じく里見もブラマンクに師事しましたが、同じフォービズムでも作風はかなり違いますね。ブラマンクと佐伯祐三と荻須高徳は作品が似すぎていてどれがどれやら判別できないこともしばしばですが、里見の作品はググってみれば判りますが、なんか一定していないというか、梅原龍三郎に近い感じもします。でもこの絵は重みがあって落ち着いた作品でいいですね。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください