坐る娘と兎

最終更新日


クリックで拡大

坐る娘と兎(1898)

ピエール・ボナール(1867-1947)
油彩/キャンバス
国立西洋美術館

この作品はマティエールが面白くて、まるで陶磁器に焼き付けたような肌合いなのです。非常に地味な作品ですが、味わいはたっぷりあります。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください