猫と少女

最終更新日


 

クリックで拡大

猫と少女(1926)

三谷十糸子(1904-1992)
絹本着彩
兵庫県立美術館

初めは通り過ぎてしまった作品。ん?と思って振り返ったらにゃんこがいました。これが秀逸。女の子の袖に爪を立てています。ちょっと猫のダヤンにも似ていますが、当然こちらの方が先です。だらーんと伸びた胴体と、ぴーんと突っ張ったあんよが可愛いです。

ガラス越しなのでどうしても色々と写り込んでしまいます。あと屏風作品は撮るのが難しいですね。猫好きな方は是非実物を観にお出かけください。充実した幸せなひとときを過ごせると思います。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください