着物婦人像

最終更新日


クリックで拡大

着物婦人像(1925)

小磯良平(1903-1988)
油彩/布
兵庫県立美術館

いい絵です。どこぞの英雄とか貴族とかの肖像画とは違って血肉が通っているというか、もうこれは絵も写真も超えているように感じます。もっともこの頃はまだカラー写真は発明すらされていなかったのでしょうが、絵を描くという目的のために鍛えられた画家の観察眼は凄いですね。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください