カシの港

最終更新日


クリックで拡大

カシの港(1917年頃)

モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)
油彩/キャンバス
松岡美術館

え、これヴラマンク?、って作品ですね。なんかキュビスムが入ってますしね。一目でヴラマンクの作品と判る、あの荒いフォーヴィズムの形に落ち着くのはこのあとからのようです。この作品は空間が歪んだような描き方なので初めは違和感がありますが、見ているうちにだんだんと面白くなってくる作品です。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください