牢獄のサロメ(1873-76年頃)

最終更新日


クリックで拡大
ギュスターヴ・モロー(1826-1898)
油彩/キャンバス
国立西洋美術館

舞の褒美として王様に洗礼者ヨハネの首を所望した逸話で有名なサロメです。もっとも自らの希望ではなく、母上の望みを聞き入れただけのようですが、詳細はwikiあたりでどうぞ。そのような残酷な場面でさえも、モローが描くと淫靡ですよね。

 

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください