光の落ちる場所(2015)

最終更新日


石田尚志(1972- )
ビデオ(5.1min)、アクリル絵具、水彩、チョーク、キャンバス
横浜美術館

左の作品が出来上がる工程が右のスクリーンに映し出されています。映像は約5分でかなり長く、それも早回しで5分なので実際にどの程度の時間が掛かっているのかは解りません。壁に立てかけられたキャンバスの上で日が昇り、傾き、沈む。そのキャンバスに落ちた光を、キャンバスに刻みつけるように描いていく。この繰り返しの映像です。これのどこが気に入ったのかは自分でもよく解りませんが、食い入るように見てしまいました。

そう言えば赤瀬川原平に「風のレコード」という作品がありましたが、あれにちょっと雰囲気が似ているような気もします。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください