第93回 国展(1)

最終更新日


2019年5月1日から5月13日まで
国立新美術館

肥沼 守 生命の樹

プリミティブで優しく温かい感じが伝わってきます。政治色は皆無ですが、メキシコ壁画運動のリベラとかシケイロスとかを少し感じました。

 

小川 浩司 江戸日本橋より・甲州石班澤よりZou-k 2019

モチーフは北斎の冨嶽三十六景からとられているようです。「石班澤」が読めなかったので調べてみると「かじかざわ」と読むのだそうです。
でも北斎というよりも片岡球子のほうが近い感じですね。

 

佐々木 悦也 やがて脈打ち呼吸をはじめる 2019~呼吸する大地~

タイトルでぐっと来た作品。作品自体にはそそられなかったのですが、脈打ち呼吸をはじめる前の存在とはこういうものなのかも知れません。

 

岡野 裕 人間に気付かれないように移動する方法

これもタイトルでぐっと来ました。スライム系の可愛さ満載です。

 

石塚 信雄 モミジ・コメ・水アガリ

 青い空に赤く染まったモミジに黄金の稲穂。綺麗ですね。水アガリだけ調べても意味が解りませんでした。雨上がりの意味なのか、それとも農業用語でしょうか。

 

西川 欽也 飛んでヒロシマ

これはお馬さんでしょうか。天に昇っていく光景がとても不思議な作品。タイトルは最近ヒットしている邦画の「翔んで埼玉」に掛けているんでしょうかね。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください