雄鶏(1924)(1972年鋳造)

最終更新日


コンスタンティン・ブランクーシ(1876-1957)
豊田市美術館

この背中の角度で雄鶏を表現するとは、さすがブランクーシです。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください