第21回 日本・フランス現代美術世界展(2)

最終更新日


宙に咲くサガリバナ
津江 三千子

日本画です。水飛沫とサガリバナが綺麗。金箔がきらめいていますが、豪華という感じはなく、きらきらとした不思議な爽やかさを感じる作品です。

一致
ウィルモ マリ-ドミニク

拡大しないと解らないと思いますが、シボ加工のような点々がかしこに配置されています。色合いも点々具合も心地よい作品です。

パリの向こう
トゥオズ ダビド

異次元への入口のような、このカクカクした渦が新感覚です。見ている内にどんどん引き込まれていきます。

時空
川島 正行

水墨画です。パソコンモニタ程度の大きさだと、この静謐さは伝わらないでしょう。

朝焼け
大和田 明代

上の水墨画もそうですが、色も雰囲気もパソコンの画面だと限界があります。展示室で感じたあの感動が得られないもどかしさ。

楽人Ⅱ-つづみの調べ
亀島 利子

この独特な色気は何なんでしょうね。視線か質感か。面白いです。

洞窟の壁画
竹中 桂子

細胞とか化石のようなプリミティブな形状に、やや暗めの鮮やかな色調。重たい感じですが、見ていて全然飽きません。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください