第105回記念 二科展(1)

最終更新日


2021年9月1日から9月13日まで
国立新美術館

水路
(石・鉄)
上田 快

鉄と石がぴたりと合わさっている部分が何とも言えず魅力的

石を継ぐ
(本小松石)
前田耕成

この日は小雨で地面が多少濡れていたので、さらに趣が増していました

巣ごもりライフ
髙見 愛

納屋のあのほこり臭く、かび臭い独特な感じが伝わってきました

漂塊
(木・鉄)
洗川一男

確かウルトラQにこんな宇宙人が出てきましたね
後ろに大きく反っている姿勢が印象的です

Reflectors 21-2
小原禎ニ

バケツから流れ出る、まるで液体のような白黒チェックの布が目を引きます

M7ー柱状節理崩落ー
粢田一男

コラージュとかパッチワークとかではなく、油絵のようでした
この積層状にボロボロと崩れるものに感じる魅力って一体なんなのか、不思議ですねえ

回想:Kさんの服
森田実穂

まず服で爽やかな夏が思い浮かび、それから色で回想のイメージが上乗せされる作品です
でも自分はこの色でピカソの青の時代の作品が浮かび上がってきました


(石膏・樹脂・鉄・ロープ)
本多紀郎

以前これのバイクのような乗り物版の作品も見たことがあるのですが、このラクダ版も良い感じです
ロープが良い味なんですよねえ

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください