第84回 新制作展(1)

最終更新日


2021年9月15日から9月26日まで
国立新美術館

森人
北 真須子

素朴をオブラートに包んでさらにストッキングをかぶせたような感じで、抽象的な風味も加わって非常に美味です

拠所
宮田瑞稀

須田国太郎の「犬」を彷彿とさせる佇まい

むき出しのボルトナット類が良い感じです

朝陽を待つ人
長谷川喜男

ああまいったなあ、とかが思い浮かんだのですが、朝陽を待っている人ですか
ゆるい感じが心地良いです
学校の校庭とか公園とか街角とかに置いて欲しいですね

ひひぃん
槇 あさ美

干物感たっぷりですが、不思議と死は感じません
尻尾が躍動しているからでしょうか

AVATAR
稲角新平

顔だけはっきり、首から下はすかすか
ネット掲示板などの発言を読んでいてもこんな風に感じるときがあります

十戒(ケルブ)
ゼロ・ヒガシダ

ケルブ(cherub)はラテン語で智天使のことだそうです
聖書で言うケルビムと同じとのこと
こういう想像を超えた形状を見ることで、たぶん精神のどこかがたっぷりと刺激されているのだと思います

good night
増井岳人

ひび割れ具合が心地よいです

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください