第9回 日展(1)

最終更新日


2022年11月4日から11月27日まで
国立新美術館

装う
Dressed
【鍛金】
石川充宏

スタイリッシュでモダン、しかもなまめかしい、、

花瓶に欲しいです
仏花とかは合わないかな、、

太陽
Sun
平山洋子

おお、力強い
これは何だろう、、

近づいて見るとこうなっておりました
すご、、


reflected in a window
西﨑節子

ワイエスのあの乾いた感じを思い出しました
あの乾燥感って日本にはないですよね

波寄町三丁目
The 3rd street of Nayoro-cho town
浅井玉雄

都会っ子が落ち着くのは森や川の風景ではなくて、実はこういう風景だったりします
ああ落ち着く、、

桜筏
cherry blossom raft
【染・織】
伊藤邦枝

綺麗、華やか
これを壁に掛ければいつでもお花見ができますね

拡大!

夕凪
Evening calm
【籐】
川口修江

いびつな美、歪んだ美ってのもありますよね

黎明
Dawn
【漆】
彭 坤炎

用の美もあれば実用じゃ無い美もあるわけで、何に使うの?、なんて疑問が湧いてしまうのはまだまだ鑑賞者として修行が足りないのです

曲線を愛でて愉しむ、この心持ちが肝要なのであります

usr@redtabby

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください