第82回 新制作展(一)

最終更新日


2018年9月19日から10月1日まで
国立新美術館(1・2・3階展示室)
「猫町の風景Ⅳ~初雪」本多 悦久

前傾姿勢で尻尾をピーンと立てて、見慣れない雪の上を警戒しながら歩いている様子がリアルですね。この画像だと少し見えにくいかも知れませんが、雪の上の足跡も良い感じです。

 

 

 

 

 

 

「おはよう雲の子」清水 直土

うひひひ。かわいいですね。こちらを見上げています。たまりません。

 

 

 

 

 

 

「MEMORY 2018」青木 三四郎

女の子がフクロウを、フクロウ達が女の子を、それぞれ興味深そうに見ています。餃子の満州に出てくる女の子の髪型と同じ髪型が可愛いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は狛犬になりたい」高家 理

脱力系と言っていいかも知れません。最初は何かと思いました。うーん、何かに似てるなと思ってタイトルを見ると、「私は狛犬になりたい」・・。吹きました。

でも素材に命が宿っていて、こうしてクリエイターに語りかけているのかも知れないと思うと、何やら神妙な気持ちになります。いい狛犬さんになりますように。

 

 

 

 

「Washi Mosaics」佐伯 和子

こんなオブジェクトがリビングに飾られていたらおしゃれですね。みるからに暖かい雰囲気があるので、これからの季節にはぴったりです。

近づいてよく見てみると、剣山のような、もじゃもじゃのような・・。マテリアル感が楽しいです。

 

 

会場風景

会場はこんな感じです。1階が彫刻、2,3階が絵画です。見応えたっぷりです。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください