第20回記念 日本・フランス現代美術世界展(1)

最終更新日


2019年8月7日から8月18日まで
国立新美術館

欲望の夜から De la nuit du désir
クライン・コレット KLEIN Colette

ザオ・ウーキーを少し感じますが、何かやはりフランスっぽい雰囲気があります。どこがと言われても困りますが・・。タイトルが良いですよね。

 

つながり Connexion
ミシャ MISHA

不気味さと混沌ときらきら感が入り混じったような不思議な美しさです。

 

継受 L’HÉRITAGE
ルカ・ヨラン LUCAS Yoran

かなり前からあるゲームですが、核戦争後の世界でのサバイバルを描いた洋ゲーのfalloutシリーズを思い出しました。技術でも思想でも、いったん生まれてしまったものの存在を無くすことはできません。苦しみながら共に生きていくしかないのでしょう。

 

エネルギーのバレエ LE BALLET DES ENERGIES
ソワイエ・ジャン SOYER Jean

タイトルが作品のイメージにぴったりな作品。お洒落です。パリジャンって感じがしますよね。本当にパリジャンなのかどうかは知りませんが・・。

 

無題 SANS TITRE
ベルナール・ペシュ PÊCHEUR Bernard

 全然似ていないと思うのですが、なぜか白髪一雄を感じてしまいました。

 

未踏の地 Terra incognita
デンヌ・マール DAINES Mar

モダンですね。書道展の会場に飾るとばっちり合いそうです。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください