第87回 版画展(1)

最終更新日


2019年10月8日から10月22日まで
東京都美術館

夢を懐く兎 千葉黎明高等学校

東宝特撮映画のポスターを棟方志功に依頼したらこんな感じになるのかも知れませんね。力強さででも叙情はたっぷりと表現できるのだ、というお手本のような作品です。
眼からレーザーは航空法に引っかかってしまって実現しなかったようですが、うさぎ観音は一度見に行きたいです。

 

Trace #3 中村 真理

ロスコはいまだによく解らないのですが、でもこの作品は好きです。ロスコは大きすぎるように感じるのです。

拡大!

 

馬鹿も阿呆も踊らにゃ損、損 豊川 宏美

中指は下品、包丁はちょっと不穏ですが、シマウマで水鉄砲の流鏑馬が新しすぎるし、にゃんこはひたすら可愛いです。

拡大!

 

森の記憶`19-2 大沼 正昭

プリミティブかつモダンかつ複雑なようでシンプルさを感じる作品です。品がありますよね。

 

吾輩の散歩道 青森県立弘前実業高等学校

素朴でいいです。マンホールが良い感じ。タイトルに吾輩とあるので猫目線の高さから見ている図なんでしょうね。
ちなみに今回は「はんが甲子園」と銘打ったコーナーがあって、最初のうさぎ観音とこの作品は、第19回全国高等学校版画選手権大会の出品作品のようです。

 

Deadline 瀧本 友里子

このごちゃごちゃ感で、タイトルのDeadlineが実感できます。窓から見える外の景色と、物であふれた仕事部屋。このカラフルさは平版かな、インクジェットかな、と思って説明書をみると意外や意外、木版でした。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください