第68回 東京芸術大学 卒業・修了作品展(2)

最終更新日


このシリーズは街中を撮影した写真を加工して、穴を開けてくり抜いたり、庇(ひさし)を付けているシリーズなのですが、会場で見たときよりも自分で撮った写真をこうして眺めているときのほうが遥かに面白く、写真なのか加工部分なのか判別しかねる面白さが満載です。

タイトルパネルが見当たらなかったため、作者名等の情報は割愛させていただきます。(どこかにあったんですかね・・汗)

これは家の骨組みに外壁とか階段を撮影した半透明のフィルムを貼りつけてある作品。このスケルトンな具合が面白いです。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください