第46回 現代童画展

最終更新日


2020年11月10日から11月15日まで
東京都美術館

笑う門には福来たる
多田 すみえ

何となく春日部たすくを思い出してしまいました。にこやかでうきうきしてきます。

GIFT
井出 三太

赤白のぶちの牛さんとにゃんこが良い感じです。

原っぱで・・・
川邨 かんこ

こういう構図を見ると、写真家の植田正治の作品群を思い出してしまうのです。あちらは砂丘が舞台ですけど。子どもの頃の原っぱってほんとに何も無くって、只々だだっ広かったですね。

「存在の言霊」或いは五大を絆ぐもの
マリア レイア
これは何とも言葉では表現しにくい作品ですが、タイトルを読めば、ああその通りだなと合点が行く作品でもあります。マティエールが心地良いです。

甦生
津嶋 博志

スターウォーズ世代なので、こういう形状の物体を見ると、どうしてもデススターが脳裏に浮かんでしまうのですが、しかしまさしく甦生という感じですね。

ユメウツツ
藤島 愛

おお、細かい、と近接して眼鏡を外してまじまじと見てしまった作品。タイトル欄に水彩と書いてあって二度びっくり。水彩画の細密画って生まれて初めて見ました。何故か麻雀パイとか洗濯ばさみとかが紛れ込んでいて、これも探すのが楽しい。

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください