第72回 モダンアート展

最終更新日


2022年4月2日から4月16日まで
東京都美術館

内なる「追憶」
安達吉男

あ、いいなと感じたから写真を撮ったのですが、こうしてPC画面で見直してみると、見れば見るほどじわじわと引き込まれてきます
重なり、奥行き感、グラデーション、すべてがまとまっている訳でも無く、かと言ってばらばらでもない、良い按配にカオスで、永遠に見ていられるような気もします

記憶の蒼Ⅵ
髙嶋 榮子

所詮はPC画面、実物の色や立体感が再現されないのは悲しいですが、それでも魅力がすべて無くなってしまう訳ではありません

いぶき
筒井 元美

これは1本の木なのか、下から見上げているのか、何か不思議な視点ですが、その視点が旺盛な生命力を表しています

崩壊(風の精)
野口 眞木雄

廃墟だけだと殺風景で、寂しさと空しさしか感じませんが、その感覚は岩が宙に浮いているだけで一変します
不可思議は殺風景な風景に潤いを与えるんですね

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください