第106回 二科展(2)

最終更新日


SOURCE 起源
小野晴久

色も良いですけど、中の糸くずのようなものがポイント高し、ですね


小田信夫

錆びた感じの編み目が良い感じです
「頓」には色々な意味があるようですが、果たしてどれなのか、、

心のフロシキー飛べない翼ー
池田佐知子

なんてったって赤い唐草模様の風呂敷が魅力的

モッシュ アンダーザレインボー
奥田明宏

社会派っぽい雰囲気
ベンシャーンを感じました
色合いが心地よいです

お家に帰ろう
土肥瑠美子

この作品も色合いが眼にとまりました
奥で繰り広げられている物語と、左右のステンドグラス調の模様と、手前のすごい色調の壺等のオブジェクトが頭の中で結びつかず、でも色合いはマッチしているので統一感の中に不思議さが漂うという感覚にひたっています

side-face
岩本效智

ぼうっと見続けちゃいますね
なぜでしょう?

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください