第85回 新制作展

最終更新日


2022年9月21日から10月3日まで
国立新美術館

昼下がり
手嶋醇子

切り絵感、奥行き感が楽しい

環Ⅳ
雨森浩子

コースターとかテーブルクロスとかが多肉植物化、サボテン化したようで、面白くて周りをぐるぐる回ってしまいました

疾雨
Heavy rain
香取宏幸

見事な木炭だなあと見とれているうちになにやら土砂降りのイメージが沸いてくるから不思議です

砂漠にて
in the desert
細田修己

素材はブリキとか鉄だろうと思っていたら、黒陶とは、、
味わい深い素材です

ある日の朝(あした)
鎌田一郎

わが町の愛すべき風景
何を考えるでもなく、ぼうっと眺めてしまう心地よさ

聞こえなくなった歌声
沼本秀昭

みごとな花吹雪、、と思って近づいてみると、

なんと古めかしい名札でありました

南方より
From the South
大野良一

なでなでしたくなる可愛さ

つぶ貝のようでもあります

usr@redtabby

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください